アソビ×遊ぶ

『エースコンバット』25周年記念コンサートの熱気を伝えるスペシャルムービー公開!

『エースコンバット』シリーズの25周年を記念したコンサート「ACE COMBAT™/S THE SYMPHONY 25TH ANNIVERSARY」が開催されました。『アソビモット』では、スペシャルムービーを公開中! リハーサルや当日のダイジェストなど、動画の見どころをご紹介します!

『エースコンバット』シリーズは2020年にシリーズ25周年を迎え、2021年には周年企画が再始動。企画の一環となるコンサート「ACE COMBAT™/S THE SYMPHONY 25TH ANNIVERSARY」が2021年8月7日(土)に東京の大田区民ホール 大ホール・アプリコで開催されました。

『アソビモット』では、当日お越しいただけた方々はもちろん、会場に足を運べなかったファンの皆さまのためにスペシャルムービーを公開中! 前日リハーサルの様子や当日のダイジェストを収録した動画の見どころをご紹介します!

「苦境を越えてここから立ち上がりたい」。再始動への強い意気込み

動画の冒頭で映し出されたのは、会場になった大田区民ホールと機材の搬入風景。これから始まるコンサートに向けて、着々と準備が進んでいるようです。控室に待機するのはシリーズの楽曲を手がけ、編曲・指揮者を務めた小林啓樹さん。約2年の準備期間を経て、「やっとこの日が来た」と話しはじめました。

本来ならば、『エースコンバット』シリーズの25周年に当たるのは2020年でした。しかし、同年には新型コロナウイルス感染拡大の影響により、周年イベントは軒並み延期に。動画やオンラインコンテンツの配信など、一部の企画を実行するのみになってしまいました。

2021年になり徐々に感染症対策のノウハウが蓄積されるなかで、「ファンの方々やスタッフの安全に気を使いながら精一杯の催しを開きたい」との考えから、周年イベントは再始動します。

小林さんの意気込みは強く、動画の中では「『エースコンバット』の音楽には人を勇気づけ、奮い立たせる力があります。新型コロナウイルス感染拡大の影響により業界や年齢、立場を問わず、さまざまな方が苦境に立たされてきました。だからこそシリーズファンの皆さんに演奏を聴いてもらい『もう一度ここから立ち上がっていくんだ』と思ってもらいたい」と話していました。

小林啓樹さん
『エースコンバット7』メインコンポーザーであり今回のコンサートで指揮を務めた小林啓樹さん

小林さんに続き、動画に登場したエースコンバットシリーズ ブランドディレクターの河野一聡さんも、「コンサートの規模を拡大して開催できることがうれしい、なんとしても成功させて第3回へ繋げたい」と強い思いを抱いている様子。

エースコンバットシリーズ ブランドディレクター河野一聡さん

「大田区民ホール 大ホール」の音響反射板を備えたホールはクラシックやライブなど本格的な演奏に利用されています。今回はフルオーケストラ+バンド形式で編成を組み、収録時に限りなく近い楽器編成になりました。

小林さんが認めた実力者揃い、動画では演奏者にも注目!

スペシャルムービーでは演奏者の皆さんにもご注目ください。今回演奏してくださった方の多くは『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』の収録に協力してくださった演奏家の面々。いずれも小林さんが認める実力者です。

特別ゲストは『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』の「Daredevil」でボーカルを担当している和田清香さん。ダイジェスト映像4曲目の「ZERO」をはじめ、5曲目の「The Journey Home」でも伸び伸びとした歌唱を披露していただきました。

和田清香さん
特別ゲストとして登場した和田清香さん

注目したい演奏者は和田さんだけではありません。小林さんが「視聴者の皆さんにぜひご覧いただきたい」と話していたのは、ギタリストの伊丹雅博さん率いるバンドメンバーの皆さんでした。

伊丹さんは「劇伴(※映画やアニメ、ゲームのための楽曲)」のベテランで、その世界では知らない人がいないギタリスト。ダイジェスト映像3曲目の「Magic Spear I」では見事な指さばきで速弾きを披露。続く4曲目、「ZERO」の情熱的な旋律のフラメンコギターは見逃せないポイントです。

伊丹雅博さん
ギタリストの伊丹雅博さん

制作スタッフが語る、『エースコンバット』と楽曲への思い

そして、ところどころに映し出される会場のひとコマにもご注目を。真剣な面持ちでリハーサルに臨む演奏者や、本番直前の打ち合わせの様子など、普段は見られない貴重なシーンが続きます。

シリーズ制作スタッフのインタビューでは、プロデューサーの下元学さん、アートディレクターの菅野昌人さん、ナラティヴディレクターの糸見功輔さん、サウンドディレクターの渡辺量さんが登場。彼らが語る『エースコンバット』と音楽の関係性も見逃せないポイントです。

大きな拍手に迎えられ、いざ開幕の時

さあ、お待たせしました。舞台袖からステージに登場する小林さんの後ろ姿とともに、いよいよ演奏が始まります。

特別映像に選出したのは、いずれもシリーズで人気が高い「Blockade」「The Unsung War」「Magic Spear I」「ZERO」「The Journey Home」の5曲です。

オーケストラでしか味わえない迫力とカタルシスをぜひお楽しみください!

<出演者>
・指揮 『エースコンバット』シリーズ メインコンポーザー:小林 啓樹
・ソリスト:和田 清香
・『エースコンバット』シリーズ ブランドディレクター:河野 一聡
・プロデューサー:下元 学
・アートディレクター:菅野 昌人
・ナラティヴディレクター:糸見 功輔
・サウンドディレクター:渡辺 量

アソビモットでは、「ACE COMBAT™/S THE SYMPHONY 25TH ANNIVERSARY」開催前に、小林さん・河野さん・渡辺さんからコンサートへの意気込みや楽曲制作の舞台裏をインタビューしました。この記事を読めば、また違った視点でスペシャルムービーを視聴できるはず。こちらもぜひご覧ください。

音楽を通じて“再び立ち上がる力”を届けたい。
「ACE COMBAT™/S THE SYMPHONY 25TH ANNIVERSARY」インタビュー

今回のスペシャルムービーを見て「モットたっぷり視聴したい!」と感じたファンの皆さんも多いはず、この声に応えるため、コンサートの2nd公演全編の有料配信を予定しています。

あの感動が再び蘇る、スペシャルなひとときをぜひお楽しみください!

チケット情報、視聴方法などは公式サイトにてご確認ください。

ACE COMBAT™/S THE SYMPHONY 25TH ANNIVERSARY
公式サイト

取材・文/鈴木 雅矩
1986年生まれのライター。過去に350名以上の取材記事を執筆。領域は雑多ですが、近年はビジネス領域を中心に書いています。著書に『京都の小商い〜就職しない生き方ガイド〜(三栄書房)』。コンシューマーゲームとお酒と銭湯が大好きです。