アソビ×遊ぶ

あのモビルスーツで迫力のバトルを楽しめる!PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』!!

歴代ガンダム作品に登場するモビルスーツで戦う2on2チームバトルアクションゲーム、『EXTREME VS.』シリーズ。その人気作『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』がついにPlayStation®4へ移植。2020年7月30日(木)に発売された今作の注目ポイントの紹介とプロデューサーインタビューをお届けします!

アーケード版で人気の『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』がご家庭でも楽しめる!

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

2016年にアーケードで稼働を開始した『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』がついにPlayStation®4へ移植され、2020年7月30日(木)に発売されました。

『EXTREME VS.』シリーズの家庭用としては、2014年発売『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』からおよそ6年ぶりとなる待望の新作です。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』パッケージ画像
2020年7月30日(木)PlayStation®4にて発売

シリーズ集大成ともいえる大ボリューム! オンラインでも1人プレイでもドリームマッチを楽しもう

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

1.シリーズ集大成! 歴代ガンダムシリーズ36作品から185機体が使用可能!
歴代ガンダムシリーズに登場するモビルスーツを操作し、2on2のチームバトルを行う『EXTREME VS.』シリーズ。その10周年記念タイトルとなるPS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』では、36作品、185機体が使用可能! NPCも含めるとおよそ300以上の機体が参戦します。

シリーズの集大成ともいえる大ボリュームで、作品や時代を超えたドリームマッチが楽しめます。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

2.  難しいコマンド不要! だれでも憧れのモビルスーツを自由自在に操れる!
『EXTREME VS.』シリーズを楽しむためには、対戦格闘ゲームのように複雑な必殺技コマンドを覚える必要も、入力する必要もありません。操作の基本は、射撃、格闘、ジャンプというシンプルなボタンの組み合わせで行うことができます。

操作に慣れてきたら、それらのボタンを組み合わせてさらに高度なモビルスーツの操縦が可能となりますが、各機体ともに基本的な操作は共通しており、一度覚えてしまえばどんなモビルスーツの操縦も自由自在です。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

3.1人プレイからオンライン対戦まで! PS4版ならではの多彩なモード
『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』には、新モードを含む多彩な遊び方が用意されています。

「マキシブーストミッション」

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

今作新たに追加された新モード。用意されたさまざまなミッションをクリアし、強化データを獲得。手に入れた強化データを使い、機体をカスタマイズすることでさらに高難度のミッションに挑戦できるようになります。

「ブランチバトル」

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

アーケード版にあった難易度別の1人プレイモードも移植!

「対戦
・プレイヤーマッチ

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

プレイヤーマッチは、さまざまな条件を設定し、ルームを作成もしくは検索してオンライン対戦が楽しめるモードです。

・ランクマッチ
ランクマッチは勝敗によって増減するポイントの成績をもとに変動する階級で競い合うモードです。

・カジュアルマッチ

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面

カジュアルマッチでは、機体を選択するだけで手軽にオンライン対戦を始めることができます。

・LANバトル
対戦はオンラインだけではありません。PS4本体同士をLANケーブルで接続することで、オフラインでもチームバトルが楽しめます。

アーケード版ファンだけでなく、初心者にもおすすめの作品に! プロデューサーが語るこだわりポイント

シリーズの10周年を記念するPS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』。そのこだわりについて、プロデューサーの千葉さんにお話をうかがいました!

Recipe Image

千葉 旭史

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』プロデューサー

アジア事業ディビジョン 第1プロダクション 1課

――今作を制作する上で、特にこだわった部分はどのようなところでしょうか?

千葉:2016年からアーケードで稼働を開始して、多くのファンがいらっしゃる作品の移植でしたので、アーケード版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』のファンの方にも納得いただくのはもちろん、PS4版から遊んでも十分楽しんでいただけるように、新たな要素の追加などを行いました。

――追加要素とはどのような点かお聞かせください。

千葉:アーケード版とPS4版の大きな相違点は2つございます。まず1つ目は、アーケード版では未実装であった機体を3機体参戦させることにいたしました。2つ目は、アーケード版にはなかった1人用やりこみモード「マキシブーストミッション」です。対戦だけではなく、ミッション形式でマップを攻略していくモードで、機体のカスタマイズ要素やボス戦などもあり、やりこみ要素として今回実装させていただきました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム画面
マシンカスタマイズ画面

――アーケード未参戦機体にはどのような機体が含まれるのでしょうか?

千葉:アーケード版未参戦機体として、ガンダムビルドファイターズより「ザクアメイジング」、ガンダム Gのレコンギスタより「モンテーロ」、そして鉄血のオルフェンズより「ガンダム・バルバトスルプスレクス」が参戦いたします。「ガンダム・バルバトスルプスレクス」はパッケージ版初回生産限定版、ダウンロード版は早期購入特典となっておりますので、ぜひお早めにご購入いただきプレイしてみてください。

ザクアメイジング、バルバトスルクスレプス、モンテーロ
左からアーケード版未参戦のザクアメイジング、ガンダム・バルバトスルプスレクス、モンテーロ

――アーケードで楽しんでいたファン、PS4版の今作から初めて『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』に触れるプレイヤーに一言メッセージをお願いします。

千葉:いよいよ、PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』が発売いたしました。アーケード版の楽しみはそのままに、PS4版ならではの要素も盛り込んでおります。1人でプレイしても友達とプレイしても非常に楽しいゲームになっておりますので、ぜひ遊んでみてください。今作では36作品、185機体が参戦するので、さまざまな機体で遊んでみるのも楽しいと思います。

すべてのガンダムシリーズファンへ! 特典・関連グッズも充実

歴代ガンダムシリーズのファンなら大興奮間違いなしの『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』は2020年7月30日(木)から好評発売中!

パッケージ版初回生産限定特典/ダウンロード版早期購入特典や関連グッズもファンにはたまらないラインナップです。詳細については、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

パッケージ版初回生産限定特典/ダウンロード版早期購入特典1:
「ガンダム・バルバトスルプスレクス」がプレイアブル機体として使用可能になるプロダクトコード

ガンダム・バルバトスルプスレクス

PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』ゲーム内で入力すると、アーケード版未参戦の「ガンダム・バルバトスルプスレクス」がプレイアブル機体として使用可能になるプロダクトコードです。

※画像はイメージです。
※内容、仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※『プレイアブル機体「ガンダム・バルバトスルプスレクス」』は、『パッケージ版初回生産限定特典』または『ダウンロード版早期購入特典』として付属いたします。
※本特典はパッケージ版またはダウンロード版の『通常版』『プレミアムサウンドエディション』、もしくはパッケージ版の『コレクターズエディション』に共通して特典が付属されます。
※『プレイアブル機体「ガンダム・バルバトスルプスレクス」』は、ゲーム内アイテムです。実際に付属するものではございません。
※本特典のダウンロードコンテンツ配信は予告なく終了となる場合がございます。また、後日配信を行う可能性がございます。予めご了承ください。
※本特典の詳細につきましては、公式サイトをご確認ください。

パッケージ版初回生産限定特典/ダウンロード版早期購入特典2:
GBO2コラボ特典 <ホロアクター>セシア・アウェア

GBO2コラボ特典 <ホロアクター>セシア・アウェア

基本プレイ無料のPlayStation®4ゲーム『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』内で戦闘中のナビゲーションを担当するオペレーター「<ホロアクター>セシア・アウェア」が獲得できる権利です。

※PS4®『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』でオペレーター「<ホロアクター>セシア・アウェア」が使える権利をご利用いただくには、PS4®『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』製品版が必要です。また、最新版パッチ適用が必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。
※PS4®『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』のオペレーター「<ホロアクター>セシア・アウェア」の配信開始日は2020年7月30日(木)以降となります。詳しい配信日については、公式ホームページをご確認ください。
※本特典のダウンロードコンテンツ配信は予告なく終了となる場合がございます。また、後日配信を行う可能性がございます。予めご了承ください。
※本製品をプレイするには、ゲーム内に表示されるサービス利用規約に同意する必要があります。詳しくはhttps://bandainamcoent.co.jp/cs/kiyaku/eula/をご確認ください。

パッケージ版初回生産限定特典:
特別デザインのバナパスポートカード

パッケージ版初回生産分限定で封入されている特別なデザインのバナパスポートカード
パッケージ版初回生産分限定で封入されている特別なデザインのバナパスポートカード

「バナパスポート」とは、アミューズメント施設に設置されている対象機種のゲームで使用できるユーザー認証カード。ここでしか手に入らないカードデザインというだけではなく、アーケード版『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』で使用すると、エクストラ機体「アストレイゴールドフレーム天ミナ」とEXVS.シリーズ10周年記念の特別なゲージデザインを手に入れることができます。

※エクストラ機体「アストレイゴールドフレーム天ミナ」を使用するにはバナパスポートカードへのゲームデータの登録が必要です。
※すでに他のバナパスポートカードを使用してゲームをプレイしている場合は、「ガンダムVS.モバイル」でゲームデータの引き継ぎが必要です。
※「シリーズ10周年記念ゲージデザイン」の取得には連動サイト「ガンダムVS.モバイル」に会員登録(無料)が必要です。
※エクストラ機体「アストレイゴールドフレーム天ミナ」と「シリーズ10周年記念ゲージデザイン」の受け取り期限は2020年11月30日23:59です。受取期限を過ぎると取得できなくなります。
※本特典はダウンロード版の『通常版』『プレミアムサウンドエディション』には付属しておりません。
※ダウンロード版早期購入特典の「オンライン先行体験会プラス権」はパッケージ版には付属いたしません。
※「アストレイゴールドフレーム天ミナ」は、2019年9月に行われたエクストラGチャレンジの報酬と同一の機体です。

コレクターズエディション

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストONコレクターズエディション』

通常版収録楽曲に加え、アーケード版において有料で使用可能だった楽曲などを全33曲収録した『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON プレミアムサウンドエディション』と、ガンプラ「HG 1/144 エクストリームガンダム&エクリプス-Fパーツ (EXVS. 10th ANNIVERSARY COLOR Ver.)」がセットになった豪華版商品です。

艶感のあるメタリックグロスインジェクションで10周年の特別カラーを再現した「HG 1/144 エクストリームガンダム&エクリプス-Fパーツ (EXVS. 10th ANNIVERSARY COLOR Ver.)」は、ここでしか手に入りません。

※デザインはイメージです、実際のものとは異なります。
※画像は開発中の設計データを使用したCGです。
※内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※数に限りがございます、無くなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。
※一部店舗では取扱いの無い場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。
※楽曲は全てゲーム内に収録しております。
※本作に収録されている楽曲は“フルサイズ”ではなく“ゲーム用サイズ”です。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』

公式Webサイト
https://gundam-vs.jp/extreme/index.html

公式Twitterアカウント
https://twitter.com/GundamVersus

公式PVはこちらから
https://g-rwee.ggame.jp/movie/

※「PlayStation」および「PS4」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※画面は開発中のものです。

©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS

坂上春希
1984年生まれのコンテンツプロデューサー。ライター/カメラマンとしても、ガジェット、ビジネス、インテリア、カルチャー、テクノロジー等の分野に渡りメディアや広告の分野で活動中。