アソビ×働く

「運」が試されるのがホントの運動会!?『第4回 バンナム大運動会』をレポート!|アソビモットなオフィス環境その3

日々仕事に情熱を注ぐ社員たちの交流の場として、年に一度開催されるバンダイナムコエンターテインメントの社内行事『バンナム大運動会』。第4回目の今年は、体力ではなく「運」が試されるんだとか……2018年度キラッキラ☆の新入社員、末岡くんが「運試し」体験してみました!

強運玉入れ、強運障害物競走、バブル大相撲……エンタメ企業ならではのオモシロ競技が目白押し

“アソビきれない”運動会、スタート!!

11月11日(日)、「1」が4つ並ぶ「1並び」の日に、『第4回 バンナム大運動会』が開催されました。このイベントは、バンダイナムコエンターテインメントの社員や家族が一堂に会して汗を流す、年に一度のスポーツイベント。今年は会場の東京ビッグサイトに、様々な部署から約1,400人(社員の家族含む)が集結しました

bne_sportsday20181111_01.jpg
会場受付前に到着。一体どんなイベントなの……?
bne_sportsday20181111_02.jpg
受付を済ませると、会場へと続くネオンカラーのトンネルが! バンナム運動会というエンタメワールドへの入口です

「アソビきれない毎日を。」がモットーのバンダイナムコエンターテインメントも今年で運動会は4回目。「運動会って、結局運動神経がある人しか楽しめないんでしょ……?」なんていう心配はなんのその、バンダイナムコエンターテインメントの運動会はそんなことありません。今年のテーマは「強運」!各競技は「運動神経」だけでなく運も試されるものが用意されているそう。社員は「黄」「紫」「赤」「青」の4チームに分かれ優勝を目指して奮闘します。

今回は、LE事業部/メディア室/経営企画室/SPプロジェクト/BXDの連合チームとなった「赤」チームのメンバー、新人広報の末岡くんに密着。どうやらこの運動会、競技だけでなく様々なコンテンツが用意されている様子。果たして丸一日ですべてをアソビきれるのか!?全力で試してもらいました!

bne_sportsday20181111_03.jpg
撮影があるのに何もセットしてない髪型で来たさとり世代の新入社員、末岡くん。赤チームが胸につけてるシールは ウルトラマンのカラータイマーにちなんでいます。末岡くんは、この日の為に運試しでおみくじを引いたところ「吉」がでたそう。いじりづらい……

まずは開会式。事前に収録された社員のみなさんが当日への意気込みを語るインタビュー動画に続いて、代表取締役社長・大下聡さんが書道パフォーマンス用の大筆で文字を書くド迫力のオープニングムービーがはじまります。そして書きあがった文字は……「強運」の2文字!! 大歓声が起こる中、大下さんがステージに登壇し、開会の挨拶が行なわれました。

bne_sportsday20181111_04.jpg
大下社長の登場シーンは迫力満点。縁起をかつぐことを大切にしてる大下さんが直筆で書かれた「強運」!

続いて、優勝旗返還。参加者のみなさんを激励するため、サプライズゲストのウルトラマンが登場! 赤チームに配布されたカラータイマーのシールはこのためだった!? まさかのヒーロー登場に会場の熱気は早くも最高潮に達しました。

bne_sportsday20181111_05.jpg
昨年優勝の赤チームの応援に駆けつけてくれたウルトラマン!! 子どもたち狂喜乱舞。大人たちも狂喜乱舞

バンナムのオリジナル準備運動を経て……いよいよ運動会のスタートです!!

bne_sportsday20181111_06.jpg
こんなに多い人数で準備運動すると迫力ありますね

前半戦:強運玉入れ、強運障害物競争、ユニークな競技が目白押し!

10:00からはじまった大運動会は、早速 “運動神経が必要ない” 「○」「×」形式のクイズ競技「バンナムサバイバルクイズ」でスタート。プロパラリンピック選手・倉本選手(バンダイナムコウィル所属)や、プロレスラーのグレートサスケさんがクイズ出題者として登場し、早速会場全体に熱が入り、盛り上がっていきます。

bne_sportsday20181111_07.jpg
プラカード上げ続ける人が、実はこの競技で一番カラダ使ってるのでは。お疲れ様です

続いて、「強運玉入れ」でも各チームが奮闘。この競技は通常の玉入れのルールにプラスして、玉入れネットの上部にさらに小さなお皿が用意されます。そこに玉が乗ったチームには高得点が追加されます。しかしかごの更に上にあるということと、お皿の小ささもあり 狙ってのせるのは至難の業でした。

bne_sportsday20181111_08.jpg
目の錯覚ではありません。ちっさい皿は、めっちゃちっさいんです。玉をのせられる人はまさに「強運」ですね
bne_sportsday20181111_09.jpg
赤チーム、まずまずのすべりだし。末岡くんは無難に普通のカゴに玉を入れ見事得点!

強運玉入れが終わったと思ったら、続くは「スーパー大縄跳び」。この日は間髪入れず様々な競技が行われていました。

bne_sportsday20181111_10.jpg
どのチームもこの日の為に事前に特訓してきたそう。みんな全力投球です

赤チームの応援席には、ウルトラマンが登場。出場選手を熱い視線で見守ります。

bne_sportsday20181111_11.jpg
苦戦する赤チームを、応援するウルトラマン!

続いてはじまったのは「強運障害物競走」。この競技では通常の障害物競争でもお馴染みのネットくぐりや、水を詰めたバッグを持って進む平均台、じゃんけんに連勝しないと通れない運が大事な障害物も用意。そして最後に立ちはだかる障害物は走順によって変わるという、これまた運が試されます。最初はパン食い競争、次はアメ玉探し、最後の人はなんとフランスパン丸かじり! ここにも運要素が。末岡くんはじゃんけんコーナーを1位ですり抜けるも、最後のアメ玉に苦戦! とはいえ、競走直後の表情も楽しそうです。

bne_sportsday20181111_12.jpg
アメ玉をすばやく探し当てるコツは、小麦粉にガッと顔をつけることなのに……口の中に入り込む小麦粉に苦戦し、まったくアメが見つからない
bne_sportsday20181111_13.jpg
審査員に最下位と言われて記事的にオイシイと思っていたら「すみません、やっぱり3位でした。」と言われ、小麦粉のつきも順位も中途半端に終わってしまった末岡くん

ランチタイム:グルメにもこだわり! 満腹になりすぎちゃうラインナップを紹介!

ここで一度昼食休憩に突入。実行委員の方々がお店に足を運び、料理長と打ち合わせを行ないながら吟味した中華の名店「新世界菜館」の中華弁当味や、同じく社員の方が実際に吟味して選んだ銀座の有名店舗にもお店を構える「マコト」のお弁当三種から、それぞれ好きなものを選んで休憩に入ります。末岡くんは「新世界菜館」の中華弁当をセレクト!

bne_sportsday20181111_14.jpg
おかずの数が多いこと。エビチリのエビもごろごろ入っていました
bne_sportsday20181111_15.jpg
自分のチームを応援しつつも、お弁当を食べる手が止まらない末岡くん

また、参加者には事前に「屋台カード」が配布されていて、会場内の屋台スペース「バンナムマルシェ」に並ぶデザートや絶品グルメと引き換えることができます。

bne_sportsday20181111_16.jpg
ケーキにみかんに豚汁と、種類豊富なラインナップ。運動会なのにこんなに食べれるの?
bne_sportsday20181111_17.jpg
“飲む生クリーム”(!)がコンセプトという「スペシャルショートケーキ」
bne_sportsday20181111_18.jpg
こだわりのジュレソースで仕上げた「ローストビーフ」。末岡くんはなぜかケーキの後に食べる

この「スペシャルショートケーキ」と「ローストビーフ」は「Patisserie Clair de lune(クレール ドゥ リュンヌ)本店」のシェフ・乙坂さんがプロデュースを担当し、何度も打ち合わせを重ねて用意されたものだそう。

運動会なのに美味しいご飯もおなか一杯食べれるなんて、ちょっと不思議な体験でした。

bne_sportsday20181111_19.jpg
「巨匠の豚汁」これもケーキの後。なぜなのか……
bne_sportsday20181111_20.jpg
自分のチームは一生懸命応援しつつも、他チームの競技の時はスイーツを食べる手が止まらない末岡くん

この間にも、バブルボールに入って相手を押し出すユニークな競技「バンナムバブル大相撲」などの競技が。若手社員の方からベテランの方、グループ内会社の社長さんまで、さまざまな人々が一緒になってワイワイと競技しているなか、末岡くんは応援しながらもランチタイムを120%楽しんでいました。

bne_sportsday20181111_21.jpg
バブル大相撲

後半戦:役員対抗カートレース、大綱引き、リレー。最後まで名勝負が続々!

昼食休憩後のメインイベントのひとつは、各チームのリーダーがレーシングカー風の「セラカート」に乗り込み、会場内に特設されたバンナムサーキットでタイムを競う「役員対抗カートレース」! 末岡くんもコース際で、赤チームのリーダーに声援を送ります。

bne_sportsday20181111_22.jpg
お忘れかもしれませんが、ここは東京ビッグサイト。特設コースを設置しています!

以降はチーム全員で自陣の王様を守りながら相手の王様を狙う「王様ドッジボール」や、チーム全員で大玉を頭上で往復させる「全員集合!大玉送り」、 強運の持ち主を決定する「強運王決定戦!大じゃんけん大会」などが開催。得意な人は運動で活躍、苦手な人は運で活躍!? など、それぞれの分野で楽しんでいる様子。

bne_sportsday20181111_23.jpg
大人も子どもも、結束中!4チームの大玉が宙を舞う光景は迫力満点

このようにメインの競技が次々と行なわれ、赤チームが互いの健闘をたたえ合っている中、末岡くんはこっそり移動。実はこの日、「トラックの外に設置されている全ブースを制覇する!」という裏目標があったとのこと。

実は各ブースで開催されている競技も、いい成績を残せば最後にチームの加点になるものもあるということで、チームへ貢献するため末岡くんの孤独な戦いが始まりました……!

bne_sportsday20181111_25.jpg
複合的な運動能力を測る「Nチャレンジ」。世界記録はサッカー選手のメッシが保持! 自信満々で2回ほど挑戦するもスタッフからは「平均的な結果ですね」。なるほど
bne_sportsday20181111_26.jpg
「体力測定コーナー」は「上体そらし」や「握力測定」など全5種類!挑戦してみた結果スタッフからは「平均より少しいいですね!」またもや平均……
bne_sportsday20181111_27.jpg
「キックターゲット」や「ストラックアウト」「フリースロー」。実はサッカーも野球もバスケにも縁がない元剣道部 末岡くん。果敢に挑戦するもまたもや普通な結果に
bne_sportsday20181111_28.jpg
水中に用意されたグラスの中にひらひらとコインを落とす「水中コイン落とし」。運ならばいける、と思って挑戦するもコインはすべてあらぬ方向に 。ちなみにこの日の最高記録はなんと12枚だそう!
bne_sportsday20181111_29.jpg
「カートコーナー」では「クレイジーカート」でドリフトに挑戦するも、コーヒーカップのようにぐるぐる回り続け、コーンを何度もなぎ倒す末岡くん
bne_sportsday20181111_30.jpg
「ゲームコーナー」は5種。写真は定番輪投げゲームの「RINGTOSS」真顔で黙々と投げ続けた結果、結果は半々
bne_sportsday20181111_31.jpg
最新技術を駆使した砂あそび「SAND CRAFT」! 最初は突然入ってきた大人に動揺していた子どもたちと、童心に帰ることで絆を作ることに成功した末岡くん
bne_sportsday20181111_32.jpg
巨大などんちゃんの「太鼓エアドーム」のある「キッズコーナー」。保護者の皆様より微妙な視線を浴び続けながらも負けじと取材に奮闘する

結果は……全ブースをコンプリートできたものの、加点の取れる上位成績とはなりませんでした。無念……。

そしていよいよ、メインステージでの団体競技も大詰め。ラストは「バンナム大運動会」の名物競技、「がちんこリレー 」で会場のボルテージはますます上がっていきました。

bne_sportsday20181111_33.jpg
リレー
bne_sportsday20181111_34.jpg
『アソビモット』編集長であるナカノさんも俊足を生かしてリレーに参加!
bne_sportsday20181111_35.jpg
ブースを回ってきた成果を伝え、どれも平凡だったため「中途半端(笑)」とナカノ編集長。紛らわすかのように謎のポーズをとる末岡くん

そして閉会式では、参加者のみなさんひとりひとりに割り振られたIDを使って、全員参加で行なわれたこの日一番の運試し「巨大あみだくじ」の当選者も発表!! もしかして世界で一番参加者の多かったあみだくじだったのかも。当選者は前のステージに呼ばれ盛大に祝われました。

bne_sportsday20181111_36.jpg
本当に巨大だったあみだくじ。これでもまだほんの一部なんです。いったい作るのにどれだけの時間がかかったんだろう

様々な競技を終え、今年の優勝チームは『アソビモット』にも登場いただいた『鉄拳』のプロデューサー、原田P率いる紫チーム!

昨年優勝し、2連覇を目指していた赤チームは、今年は惜しくも3位となりました。とはいえ、チームを越えてお互いに1日の健闘をたたえ合うみなさん。最後は全員で記念撮影をし、『バンナム大運動会』にとって平成最後の開催となった熱い1日が終了しました!

bne_sportsday20181111_37.jpg
集合写真
bne_sportsday20181111_38.jpg
バンナム大運動会にご協力いただいた運営スタッフの皆さんとハイタッチ。運動神経に自信はない方だったけれど1日中ずっと楽しめたと話す末岡くん。来年こそは尖った成績を残したいという思いを胸に会場を去っていきました
bne_sportsday20181111_39.jpg
終演後はウルトラマンロッソ、ウルトラマンブルも参加者やお子さんをねぎらいます。ウルトラマン達も今日は来てくれてありがとうございました!

取材後記】

末岡くんのように、運動神経に自信がなくても、様々な形でイベントに参加できる『バンナム大運動会』は、社員のみなさんそれぞれの個性が活かされた、“アソビ”が詰まった交流の場という雰囲気でした。忙しい日々を一度離れ、頭を空っぽにしてリフレッシュすることで、また世の中を動かす新たな“アソビ”が生まれていくのかもしれません。これが「バンナム流:働き方改革」なのかもしれないなと思いました!

★バンダイナムコエンターテインメントの“アソビモットなオフィス環境”シリーズ!!★
アソビモットなオフィス環境その1|社員のお誕生祝い「バンナム誕生会」レポ ≫≫≫

オイシイ働き方改革?社食で生まれるコミュニケーションと珍メニュー|アソビモットなオフィス環境その2 ≫≫≫

取材・文/杉山 仁
フリーのライター/編集者。おとめ座B型。三度の飯よりエンターテインメントが好き。


写真(末岡くん密着)/なかむらしんたろう
デザイン会社でアプリ・Webディレクターとして働く傍ら、フォトグラファーとして数多くのメディアで撮影を担当する。ポートレートを得意とし、アーティストやモデル等の撮影を中心に暗躍中。 Tumblr : https://filmtaro0901.tumblr.com Instagram : @nakamuran0901 Twitter:@nakamuran0901

(C)円谷プロ (C)ウルトラマンR/B製作委員会・テレビ東京