アソビ×暮らす

島根スサノオマジック選手に質問!ファンなら絶対に気になるQ&A大会【後編】

バンダイナムコエンターテインメントがサポートするプロバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」の選手が、ファンのみなさんから寄せられた質問に回答! 後編では相馬卓弥選手、外国籍選手ら9人の選手が登場します。

2020年1月31日~2月1日のホームゲームでのバンダイナムコエンターテインメントブースにて、ファンのみなさんから寄せられた、数々の質問に、島根スサノオマジックの全選手が回答するこの企画。

後編では、副キャプテンの相馬卓弥選手を筆頭に、9人選手たちが登場! バスケットボールを始めたきっかけや上達のアドバイス、思わず回答に詰まる難問まで、バラエティに富んだ回答が盛りだくさんです。

山下泰弘キャプテンを筆頭に、6人の選手が登場する前編はこちら
(※回答は選手取材を行った2020年2月時点のものです)

北川選手×相馬選手×神里選手×後藤選手の一問一答

左から相馬卓弥選手、北川弘選手、後藤翔平選手、神里和選手
左から相馬卓弥選手、北川弘選手、後藤翔平選手、神里和選手

先陣を切るのは、北川弘選手、相馬卓弥選手、神里和選手、後藤翔平選手。

4人には、技術に関する質問や試合中の気持ちの整え方など、より実戦的な質問が多く寄せられました。現役バスケットボールプレーヤーや、そのお父さんお母さんたちは必読です!

Recipe Image

#18 相馬卓弥(そうま・たくや)選手

1991年生まれ、宮崎県出身。2017年に大阪エヴェッサから島根スサノオマジックに加入。精度の高い3ポイントシュートを軸に、アシストでも力を発揮する。身長182センチ。ポジションはシューティングガード。2019-20シーズンの副キャプテンも務める。

Recipe Image

#6 北川弘(きたがわ・ひろむ)選手

1991年生まれ、滋賀県出身。広島ドラゴンフライズを経て2018年に島根スサノオマジックに加入。ゲームをコントロールしつつ、自らも点を獲りにいくことができるアグレッシブなプレイヤー。身長183センチ。ポジションはポイントガード。

Recipe Image

#1 後藤翔平(ごとう・しょうへい)選手

1992年生まれ、北海道出身。2017年に金沢武士団より島根スサノオマジックに加入。持ち味であるアグレッシブでハードなディフェンスから、チームに流れを呼び寄せる。身長180センチ。ポジションはシューティングガード。

Recipe Image

#75 神里和(かみざと・なごむ)選手

1995年生まれ、沖縄県出身。U18日本代表など、学生時代のキャリアも豊富に備える若手ポイントガード。琉球ゴールデンキングスの練習生を経て、今季より島根スサノオマジックに加入。

Q.バスケを始めたきっかけは何ですか?

相馬:親がやっていた影響で、小学2年生から始めました。

北川:僕も両親や兄貴の影響で、小学1年生から始めました。

神里:僕も母親と兄貴2人がやっていたので、その影響で小学2年生から始めました。

後藤:近所の友だちに誘われて、小学5年生から始めました。

Q.休日やオフは何をしていますか? リフレッシュ方法はありますか?

相馬:自分はずっと家にいて、特に何もしないです(笑)。

北川:僕も休日は、家にいますね。

後藤:僕は温泉に行くのが好きなので、いつも温泉に行っています。

神里:最近は映画の「ワイルドスピード」シリーズを見ることにハマっています。

Q.(相馬選手への質問)どうやったらシュートが入りますか? おすすめのシュートの練習方法を教えてください。

相馬:どのシュート練習でも、自分のリズムで打つことが大事かなと思います。練習は限りないくらいたくさんあるので、まずはコーチに教えてもらった練習方法で、自分のリズムをつかむところから始めるといいと思いますよ。

相馬卓弥選手

Q.(北川選手への質問)3ポイントシュートはどれぐらい練習をしましたか?

北川:とにかくいっぱい練習をしました。感覚的には何十年分というくらいの量、3ポイントシュートを打っている気がします(笑)。

北川弘選手

Q.(後藤選手への質問)ディフェンスですぐに足が動かないです。どう練習すればいいですか?

後藤:おそらく走り込みが足りていないと思います。まずは脚力をつけないとディフェンスはできないので、しっかり走り込んで、脚力をつけてください。

左から、北川弘選手、後藤翔平選手、神里和選手

Q.(神里選手への質問)ポイントガードは何を一番練習したらいいですか?

神里:僕はドリブルが好きだったので、よくドリブルの練習をしていました。まずはドリブルの練習をしましょう!

後藤翔平選手(写真左)、神里和選手

Q.気持ちの切り替えはどうやってしていますか?

神里:寝て忘れて、切り替えます!

後藤:つらい時は楽しいことを考えるようにしています。

相馬:特にないです(笑)。考えることをやめますね。

北川:僕はゲームをしてリフレッシュをします! 何でもやりますが、「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」が特に好きです。

相馬:こいつ、めっちゃ投資していますよ。

北川:言うなよ! 嫁に怒られるやろ(笑)。

左から相馬卓弥選手、北川弘選手、後藤翔平選手、神里和選手

Q.ファンへのメッセージをお願いします。

北川:様々な環境の変化がありますが、みなさんもどうかお身体に気を付けて、手洗いうがいなどをしてしっかりと予防をしましょう!

神里:たくさん練習をして、皆さんにパワーアップした姿を見せられるように頑張ります。

後藤:パワーアップして、しっかり勝ち星を挙げられるように頑張ります。また応援よろしくお願いします。

相馬:体調管理をしっかりして、成長してコートに帰ってきたいと思います。

坂田選手×阿部選手の一問一答

阿部諒選手(写真左)と坂田央選手
阿部諒選手(写真左)と坂田央選手

続いて登場するのは、阿部諒選手と坂田央選手のポイントゲッターコンビ。まさかの質問にタジタジの阿部選手に、どうぞご注目あれ!

Recipe Image

#13 阿部諒(あべ・りょう)選手

1995年生まれ、千葉県出身。島根スサノオマジックに加入してから、今季で2シーズン目。果敢なドライブやアシストを武器に、インサイドやディフェンスで体を張ることでもチームに貢献できる選手。身長183センチ。ポジションはシューティングガード。

Recipe Image

#7 坂田央(さかた・あたる)選手

1991年生まれ、東京都出身。昨季はアキレス腱断裂という大けがに苦しんだが、昨年1月に満を持して復帰した長身シューター。前所属からのチームメート、北川弘選手とは大親友。身長193センチ。ポジションはスモールフォワード。

Q:バスケットボールを始めたきっかけは何ですか?

坂田:中学校の頃に、中学校の顧問の先生に誘われて始めました。小学校の頃はサッカーをしたり野球をしたりしていました。

阿部:僕は3人の兄が全員バスケットボールをやっていたので、小学1年生から始めました。

阿部諒選手

Q:休日やオフは何をしていますか? リフレッシュ方法はありますか?

坂田:特にありません(笑)。外があまり好きではないので、家で動画配信サイトを見ることが多いですね。

阿部:僕は奥さんと一緒に買い物に行きます。時間があるときは広島まで出ることもありますね。

Q.(坂田選手への質問)スイーツの中で、何が一番好きですか?

坂田:これといって好きなスイーツはありません(笑)。しいて言えば生クリームが好きです。

坂田央選手

Q.(阿部選手への質問)足を速くするにはどうしたらいいですか?

阿部:僕が答えるべき質問か分からないですけど、小さい頃からたくさん走るのが大事なのかなと思います。

Q.(阿部選手への質問)面白いギャグを教えてください。

阿部:え(笑)。ないんですけど…どうしたらいいですか?

はにかむ阿部諒選手(写真左)と坂田央選手

――何か一発芸を披露してください!

阿部:一発? 怖っ。(坂田選手に)どうしたらいいですか?

坂田:俺だったらやらない(笑)。

阿部:やっぱり、その場のノリがあるので、ちょっとこの雰囲気ではできないです(笑)。

坂田:逆にその質問をしてきた人に見せてもらいたいですね。

阿部:そうですね。この質問をした方を呼んでいただいて、マジックミラー越しで見たいです(笑)。

阿部諒選手(写真左)と坂田央選手

Q.ファンに一言メッセージをお願いします。

坂田:しっかりチームに貢献できるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。

阿部:僕たちの力だけではなく、ファンの方々のお力をお貸しいただきたいです。ぜひこれからも熱い応援をお願いします!

カーター選手×サマーズ選手×クウェリ選手の一問一答

左からロバート・カーター選手、ドゥワン・サマーズ選手、ブライアン・クウェリ選手
左からロバート・カーター選手、ドゥワン・サマーズ選手、ブライアン・クウェリ選手

最後にアメリカ出身トリオ、ロバート・カーター選手、ドゥワン・サマーズ選手、ブライアン・クウェリ選手の登場です。

なかなか聞くことができない外国籍選手の回答は、どれも貴重なものばかり。読めば、彼らのことがもっと好きになること間違いなしです!

Recipe Image

#4 ロバート・カーター選手

1994年生まれ、アメリカ出身。今季Bリーグに初加入した外国籍選手。35試合に出場し、チームトップの平均得点(21.2点)を誇る点取り屋。力強いリバウンドも大きな魅力。身長206センチ。ポジションはパワーフォワード。

Recipe Image

#35 ドゥワン・サマーズ選手

1988年生まれ、アメリカ出身。昨年12月にチームに加入したばかりにも関わらず、20分以上プレータイムを獲得中の救世主。身長203センチ。ポジションはスモールフォワード。

Recipe Image

#22 ブライアン・クウェリ選手

1988年生まれ、アメリカ出身。チーム最長身の211センチを誇る「島根の巨人」。今季Bリーグに初加入ながら、平均出場時間は35分越え。島根スサノオマジックのゴール下を力強く掌握するセンター。

Q.バスケットを始めたきっかけは何ですか?

サマーズ:8歳のとき、近所の友だちが参加していたバスケットボールリーグに参加したことがきっかけになりました。

クウェリ:4歳か5歳ぐらいの時に、子どもリーグに入ったことがきっかけです。

カーター:4歳ぐらいの時に、お父さんがバスケットを一緒にしようと誘ってきたので始めました。

ロバート・カーター選手

Q.休日やオフは何をしていますか? リフレッシュ方法はありますか?

カーター:休みの日はテレビゲームをしていますね。バスケットボールとサッカーのゲームが好きです。

サマーズ:なるべく子どもと一緒に、パズルをしたり、クイズをしたり、ゲームをしたりしています。

クウェリ:家族がいるときは、広島に行くことが多いですね。いまは家族が母国に帰っているので、電話をしたりしてリフレッシュしています。

ブライアン・クウェリ選手

Q.身長が高い理由は何ですか?

カーター:身長が高い両親が出会ったのが理由かな。

サマーズ:僕も両親が大きいですからね。

クウェリ:僕もそうだと思いますが、両親の身長はとっくに超えてしまいました。なんで大きくなったのかは分からないですけど、気づいたらこんなに大きくなりました(笑)。

Q.島根県の印象はいかがですか?

クウェリ:自然が豊かなところと、ファンの方が温かいところがいいですね。島根県で誇りと思われるようなチームになりたいと思います。

カーター:島根スサノオマジックのファンは素晴らしい! おかげで熱く応援してもらっています。島根県でのゲームは特別だと思います。

サマーズ:綺麗で自然が豊かなところが好きですね。湖があったり、山があったり、そこが非常にいいです。あと、ロブ(カーター)も言っていたように、ファンの皆様の支えが非常に熱いと思います。

ドゥワン・サマーズ選手

Q.好きな日本の食べ物は何ですか?

カーター:寿司!

クウェリ:僕はうどんと寿司ですね。美味しいです。

サマーズ:ラーメンですかね。あと、ココイチのカレーにはまっています。

左からロバート・カーター選手、ドゥワン・サマーズ選手、ブライアン・クウェリ選手

Q.ファンにメッセージをお願いします。

カーター:いつもサポートしていただいていますけど、これからも引き続き皆様に応援していただきたいと思います。

サマーズ:いつも会場で熱い応援をしてくれている皆様にまず感謝したいと思います。今後もぜひ応援を続けてもらいたいです。

クウェリ:今まで熱く支えてもらっていたように、これからも皆さんの応援で勝利をお届けできたらと思います。

試合を観ているだけでは分からない選手たちの個性やチームメイト同士の絆が見えたQ&A。どの選手も口を揃えて言うのは、「勝利のためにはファンの応援が必要」ということです。チームを勝利に導くために、これからもファン一丸となって島根スサノオマジックを応援しましょう!

■選手のことをもっと知りたいあなた!

島根スサノオマジック応援番組「Hi-Five MAGIC presented by バンダイナムコエンターテインメント」をスポーツライブストリーミングサービスDAZN(ダゾーン)、およびバンダイナムコエンターテインメント公式YouTubeチャンネル「876TV」にて、3月31日に全3エピソードを一挙配信しました!

バスケ やBリーグ、そして スサマジ の魅力をエピソード毎に発信していますので、是非ご覧ください!

・エピソード1「INTRODUCTION:バスケに魅了される者たち」
https://www.youtube.com/watch?v=MIViG6r0wx0

・エピソード2 「FUN:島根・佐藤公威ALL-STAR密着」
https://www.youtube.com/watch?v=CdJprav338Y

・エピソード3 「REAL: 改めて気づくバスケのおもしろさ」
https://www.youtube.com/watch?v=OtMgXaQpWg8

■スサノオマジックのECサイトがオープン!

スサマジのグッズが欲しい!インターネット上でも購入したい!という熱い声にお答えし、この度島根スサノオマジックのECサイトがオープンしました!

https://www.bleague-shop.jp/ss/

皆さんもぜひ、オフィシャルグッズを身に着けてスサマジを応援しましょう!

取材・文/青木美帆(あおき・みほ)
ライター・編集者。バスケットボール専門誌の編集部を経て独立。育成年代からBリーグ、代表まで、国内バスケ界隈をメインフィールドに活動中。好きなバンナムゲームは「スーパーワギャンランド」。
https://twitter.com/awokie