アソビ×働く

オイシイ働き方改革?社食で生まれるコミュニケーションと珍メニュー|アソビモットなオフィス環境その2

つねにアソビに本気に取り組むバンダイナムコエンターテインメント。アソビの姿勢は、オフィスのあちこちにも!? 第2回目はコミュニケーションとアイデアが生まれる“市場”としての社員食堂を紹介。

バンダイナムコエンターテインメントの社員食堂「マルシェ」で1日過ごして思う、「働き方」っていろいろ。

アソビモット読者のみなさん、こんにちは。
ライターのわっしーと申します。私はWeb系会社員ライターなのですが、今どきの「働き方改革」の名のもと、フリーアドレス、リモートワークOK! オフィス改装中は外で働いて! と言われてしまいました……。そこで! 今回はアソビモットの記事を書きながら、バンダイナムコエンターテインメントの社食で1日過ごさせてもらうことに。エンタメ会社の社員たちが見せる意外な社食の使い方や、その様子を見て自分の働き方を見直す気づきになったことをレポートします!

どんな社食?

バンダイナムコエンターテインメントには時短勤務の人あり、繁忙期の人あり、さまざまな働き方の社員がいます。社食も朝から晩までほぼ一日中開けているんだとか。

【社食のコンセプト】
人が集ってアイデアを交換したり、エネルギーをチャージしたりする「マルシェ」(市場)。

食べ物や情報など、ここに来ればいろいろなものが得られるコミュニケーションの場として活用してほしい、という想いが込められています。

社員食堂は、定食や麺類を中心とした食堂と、パンやパスタなどを中心としたカフェが併設されており、ドリンク含めると約90種類のメニューがあります。

気づきその1:気軽にマイペースに食べられるの、大事!

会社がある三田周辺にはおいしいお店もたくさんありますが、社食はやっぱり便利で、社員はけっこう頻繁に利用しているそう。忙しくてランチタイムを逃しても、ちゃんとご飯が食べられるのは、安心感があるんじゃないでしょうか。

【営業時間帯とメニューを、ちょこっと紹介!】

朝食タイム(8:00〜10:30)

bne_marche_01.jpg
朝限定のお得なメニュー、焼きたてパンセット(300円)。パン2つにドリンクが付いてお腹いっぱい!
bne_marche_02.jpg
この中から好きなパンを2つ選べます。「ウィンナーロールは人気なので、お早めに。」とのこと。
bne_marche_03.jpg
アサイーボールもいただいちゃいました。

家で朝ごはんを作れなくても会社で食べる、なんてこともできますね。

昼食タイム(11:30〜14:00)

bne_marche_04.jpg
定番のビーフカレー。ミニカレーもあります!
bne_marche_05.jpg
好きな副菜を2品選べるレギュラープレートは、若手社員に人気。
bne_marche_06.jpg
チョイスサラダ&スープセットは、体を鍛えている社員や夜の予定がある社員に重宝されているそう。メインの食材1つ、トッピング3つ、ドレッシングを選べます。セットのパンを他の社員のタンパク質と物々交換する、なんてことも行われている模様。

cafeタイム(8:00〜17:30)

bne_marche_07.jpg
お皿までパックマンの形をしたかわいいパンケーキ! 社食は一般のお客様向けに開放されていないため、社員しか食べられないけど、キャラクター愛が垣間見られる一品。

バータイム(17:30〜21:00)

bne_marche_08.jpg
サングリアやビール、ムール貝、生ハム、定番のから揚げなどおしゃれなものから……。
bne_marche_09.jpg
シメのお茶漬け。
bne_marche_10.jpg
ラーメンまであります。

「食べながらだと、悩み事を重すぎずサクッと、フランクに相談しやすいんです。」という声もあるそうです。

食べたいタイミングもメニューも人それぞれ! 色んな社員たちの気持ちに寄り添った、社食の運営がされているようです。
好きなときマイペースにご飯を食べると、仕事の調子も上がるなぁ……と思いました。

気づきその2:打ち合わせからイベントまで。コミュニケーションを取りやすい!

部署が違う社員同士は特に、この社食をコミュニケーションの場として使っているようです。

中にはお弁当派の人もいて、そうでない人とも気兼ねなく一緒にお昼ご飯を食べていました!

bne_marche_11.jpg
いろんなタイプの席があります。夜のチョイ飲みによく使われる小上がり席にいたっては、「もはや居酒屋の気持ちになれる」んだそう。
bne_marche_12.jpg
簡単な打ち合わせに社食を使うこともあるそう。見晴らしがいいので、いい気分転換になります。

確かにここで日光を浴びながら原稿を書いていると、「書けない!どうしよう!」みたいな焦りが……ない……。お日様の力って、やっぱりすごいんだなあ……。

社食ではさらに、社内イベントやプロジェクトの決起集会も行われています。
新卒入社の社員が中心のイベント「新入社員交流祭」では、偉い人も、新人さんもおいしい軽食を食べながら、ワイワイ楽しみ、お互いに情報交換をしていました。

【新入社員交流祭にも潜入!!】

bne_marche_13.jpg
新入社員がグループに分かれて、出店風ゲームブースを企画。
bne_marche_14.jpg
ゲーム説明のボードです。参加する人に楽しんでもらうための工夫が感じられます。
bne_marche_15.jpg
順番待ちの列。けっこう混んでいますが、偉い人も楽しむことの前では平等。社長も、役員も、ちゃんと順番待ちしています。
bne_marche_16.jpg
社内の夏祭りイベントの様子。楽しむことに貪欲な社員たちは、社食の中に「やぐら」まで組んで夏祭りの雰囲気を演出するそう。

プロジェクションマッピングまで……!

bne_marche_28.jpg
社長から新入社員へサプライズプレゼント!
bne_marche_26.jpg
新入社員へ“WISHING YOU ALL THE BEST!”のエールが贈られました。
bne_marche_27.jpg
パックマンも登場!
bne_marche_25.jpg
三田の夜景とのコラボが幻想的です。

カラフルなプロジェクションマッピングは、NAKED Inc.のプロデュースです。
社食も本気でエンタメ化! プロジェクションマッピングは、季節で内容を変えたり、社内イベントでも使えたりするそう。

気づきその3:その発想はなかった……! 三田でミタ、社員のカスタマイズメニュー事件簿

総務の方もビックリする、自由すぎるマイメニューの人たちがいるそう。一体どんなメニューなのでしょうか。お話を聞いて、再現してみました。

【豊富なメニューをさらにカスタマイズ!?】

bne_marche_17.jpg
どうして!? ハイカロリー上等! メインディッシュ+メインディッシュ+主食はラーメン。
bne_marche_18.jpg
小鉢が好きすぎてツライ! 小鉢×5個+おにぎり。定食を食べるより高くなるセット。いろいろチョイスして、ちょっとずつ食べたいというこだわりを感じます。
bne_marche_19.jpg
再現メニュー、さすがに一人では食べきれないので、社員のみなさんに手伝ってもらうことに。なぜかじゃんけん大会が始まり、勝った人から好きなものを一品ずつ取っていくゲームが始まりました。
bne_marche_20.jpg
偏りを感じますが、これもアソビの文化といったところなのでしょうか。みなさん満足気です。
bne_marche_21.jpg
「いただきます。」

自分だけのカスタマイズメニューを考えるなんて、食に関しても楽しむことに貪欲です。そんな人いるんだ! という、純粋な驚きと楽しさを感じました。
そんなお互いに遊び心をもった人が集まって会話することで、新しい仕事のアイデアも生まれているんですね。

【取材後記】

1日だけ社食で過ごさせてもらいましたが、たくさんの気づきがありました。
コミュニケーションが生まれることで、新しいアイデアが生まれ、働き方が変わる。バンダイナムコエンターテインメント社員たちのコミュニケーションの取り方やアイデア交換の様子をみて、「席に座っているだけが仕事じゃない」という言葉が身に沁みました。

「働き方改革」で制度や仕組みが変わっても、それだけで全員が完ペキに幸せになることは難しい!
人のライフスタイルや志向は常に変化し続けるもので、正解なんてないし、働きやすいかどうかを決めるのは結局、自分自身。
バンダイナムコエンターテインメントの社食の使い方は、みんなそれぞれ幸せな働き方を模索できる場所の1つだなと思いました。

1日中利用できる社食はなかなかないとは思いますが、まずは私も、自分が心身ともに健康でいられる食事に変えてみたり、情報と刺激が得られるようにコミュニケーションの取り方を見直したりするなど、「セルフ働き方改革」を始めてみたいと思います。

【取材・文 わっしー(プロフィール)】

エンタメ大好きライター。エンタメに携わる人たちをリスペクトしていて、エンタメ人の情熱や魅力を伝えていきたい! Webメディア「アソビモット」 では、バンダイナムコエンターテインメントの社風やカルチャーをお伝えする記事を書きます。
●執筆記事
アソビモットなオフィス環境その1|社員のお誕生祝い「バンナム誕生会」レポ ≫≫≫