アソビ×遊ぶ

日本酒の新しい楽しみ方!『神酒ノ尊-ミキノミコト-』×星野リゾート OMO5 東京大塚のコラボ企画『乙女ノ酒旅』

バンダイナムコエンターテインメントが展開する、日本酒キャラクタープロジェクト『神酒ノ尊-ミキノミコト-』が、『星野リゾート OMO5(おもふぁいぶ) 東京大塚』とのコラボレーションイベント『乙女ノ酒旅』を開催!

日本酒居酒屋の聖地・大塚に清酒皇子が舞い降りる

日本酒キャラクタープロジェクト『神酒ノ尊-ミキノミコト-』とは?

bne_mikimiko_collab_01.jpg

『神酒ノ尊-ミキノミコト-』は全国の実在する酒造銘柄とタッグを組んで、日本国内のみならず世界中から注目を集めるさまざまな日本酒を「清酒皇子(せいしゅのみこ)」としてキャラクター化する、これまでにないプロジェクト。酒造銘柄の由来から、土地の情報、歴史、造り手の想いに至るまで、日本酒の世界観や魅力をキャラクターに投影し、楽しみ方を人々に広く伝えていくことをテーマにしています。

『OMO5 東京大塚』コラボレーションルームの様子をレポート!

まずは公開生配信の前に、『乙女ノ酒旅』コラボレーションルームにお邪魔してきました!
物語の中でキャラクターたちが働く酒処「松宵庵(まつよいあん)」をイメージして、スペシャルな装飾がされた客室です。1日1室限定ですが、宿泊すれば『神酒ノ尊-ミキノミコト-』の世界観にどっぷりと浸れます。

bne_mikimiko_collab_02.jpg
客室の扉を開けば、「松宵庵」の暖簾がお出迎え。壁紙も華やかな“和”の趣があるもので統一されています
bne_mikimiko_collab_03.jpg
暖簾をくぐり、室内に踏み入れると……畳張りのフロアと、ソファスペースの「くつろぎ寝台」がドドンと登場!
bne_mikimiko_collab_04.jpg
「松宵庵」のシンボルマークをデザインしたクッションや、日本酒にまつわるオシャレなアメニティなど、細かな部分にもこだわりが感じられます
bne_mikimiko_collab_05.jpg
さらに、壁面には四合瓶や、清酒皇子の千社札がズラリ!
bne_mikimiko_collab_06.jpg
天井を見上げると、酒造の軒先で見かける本物の杉玉が! 杉玉は秋冬に向けて色が変化します
bne_mikimiko_collab_07.jpg
洗面台を彩る、美しい屠蘇器のような蛇口も、『乙女ノ酒旅』のための特注品とのこと

『乙女ノ酒旅』コラボレーションルームでは、至るところに『神酒ノ尊-ミキノミコト-』の世界観が表現されていて、まるで清酒皇子たちのおもてなしを受けているような感覚に……。室内を眺めているだけで、お酒がどんどん進んでしまいそうです。
『OMO5 東京大塚』の客室のコンセプトは、「ワクワクする仕掛け×現代的な和のくつろぎ」。そのため、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』との相性がピッタリなんですね!

「みきみこちゃんねる」公開生配信がいよいよスタート!

bne_mikimiko_collab_08.jpg
コラボレーションルームの見学を終え、公開生配信「出張松宵庵」を観覧させていただきます!
bne_mikimiko_collab_09.jpg
「みきみこちゃんねる」は、清酒皇子の声を担当する豪華キャスト陣が、担当銘柄のお酒を飲みながらお届けする晩酌配信番組です

今回は、「澤乃井(さわのい)」役の松風雅也さん、「金亀(きんかめ)」役の竹本英史さん、「浦霞(うらかすみ)」役の粕谷雄太さん、「松八宵(まつのやよい)・橙担当」の高添達哉さん、「松八宵・黒担当」の加藤雅人さんの5人に加え、小澤酒造株式会社の小澤幹夫さん、株式会社岡村本家の岡村博之さん、株式会社佐浦の冨谷圭輔さんをお招きして、キャストと酒造の方々が勢ぞろい。酒造様には、キャスト陣が飲むお酒をご協賛頂きました。

「特別純米酒 生一本 浦霞」は、ふくらみのあるお米のうまみと、ほどよい酸味とのバランスのよさが最高で、飲み飽きることがないそうです。

「澤乃井 大吟醸」は、ガラス細工のように透明感があってスッキリとした味わい。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019」で最高金賞を獲得しています。

「長寿金亀 赤100」は、玄米をまったく削らずに造った、まさに玄米そのものの豊かなうまみがギュッと詰まった至高の一品。

いろいろな酒造の印半纏が飾られた会場の中、まずはキャスト陣による朗読劇から配信がスタート。

bne_mikimiko_collab_10.jpg

女性に優しいオジサマキャラである金亀役の竹本さんから「みんな!オジサンと一緒に楽しむ準備はできてるか~い!?」と言葉がかけられ、観覧のみなさんが歓声で応えました!
bne_mikimiko_collab_11.jpg
bne_mikimiko_collab_12.jpg
bne_mikimiko_collab_13.jpg
乾杯酒として用意されたのは、「澤乃井 大吟醸」「長寿金亀 赤100」「特別純米酒 生一本 浦霞」。松風さんの美声による音頭で、客席と一緒に楽しく乾杯~!!
bne_mikimiko_collab_14.jpg
登場した酒造の方々が、ご挨拶の後、日本酒の説明をしてくださいました

「浦霞(うらかすみ)」役の粕谷さんは日本酒の経験値が少ないということでしたが、どのお酒も「本当においしい!」と感動していました。

bne_mikimiko_collab_15-1.jpg
写真左から「純米酒 浦霞」「澤乃井 純米大辛口」「長寿金亀 白80」。3銘柄とも、『OMO5 東京大塚』内「OMOカフェ」にて、公開生配信に伴い、期間限定で販売していた。(現在は販売終了)

「純米酒 浦霞」は、米の旨みが存分に生きた、すっきりとバランスのよい味わい。

「澤乃井 純米大辛口」は、純米のやわらかさと、引きしまった辛口が特徴。

「長寿金亀 白80」は、素朴な米の味がしっかりと出た心地よいお酒。

bne_mikimiko_collab_16.jpg
お便りコーナーでは、「私とお酒」をテーマに募集した、酒造の方々への質問に沿ってトークを。「他の酒造の日本酒は気になりますか?」「“とりあえずビール”はアリですか?」などの質問に、楽しいぶっちゃけトークが繰り広げられる一幕も……!
bne_mikimiko_collab_17.jpg
次に、『OMO5 東京大塚』の「ご近所ガイド OMOレンジャー」の栗原さん&逢沢さんが登場し、『乙女ノ酒旅』について紹介します
bne_mikimiko_collab_18.jpg
なんと逢沢さんは清酒皇子のひとり「越乃寒梅」のコスプレで出演され、そのクオリティの高さにキャスト陣も脱帽!
bne_mikimiko_collab_19.jpg
bne_mikimiko_collab_20.jpg
アドリブを入れつつの朗読劇で、楽しい公開生配信もあっという間にエンディング
bne_mikimiko_collab_21.jpg

配信後には、各酒造の豪華なオリジナルグッズや、キャスト陣のサイン色紙などを、抽選で観覧の方にプレゼント。大盛り上がりのままイベントの幕が下りました。

『神酒ノ尊』は「土地と人々を繋ぐ」!? キャスト&酒造&担当者のみなさんにインタビュー!

公開生配信に参加していただいたキャストのお三方に、お話をうかがいました!

bne_mikimiko_collab_22.jpg
左から竹本英史さん(「金亀」役)、粕谷雄太さん(「浦霞」役)、松風雅也さん(「澤乃井」役)

――『神酒ノ尊-ミキノミコト-』の活動の中で、みなさんが意識していることや、印象深いことはどんなことですか?

粕谷:僕は生配信中にお酒を飲むということが初めてだったので、最初はドキドキしていましたね(笑)。でも、キャストの方や視聴者の方がみなさん優しくて、「こんなに温かくお酒を飲める場所があるんだ!」と感じたのが印象深いです。

松風:実在の銘柄に関われるのがすごいことだと思うので、そのパワーをお借りして日本酒の文化を盛り上げていきたいなと意識しています。

竹本:僕は外出先で積極的に日本酒を飲むようになったのが、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』に携わって大きく変わったところですね。

松風:日本酒の歴史は知れば知るほど素晴らしいものですし、酒造の方々の懐の深さや職人技にも驚かされます。日本酒の魅力をもっと届けたいというのは、いつも考えています。

bne_mikimiko_collab_23.jpg

――『乙女ノ酒旅』のコラボレーションルームで、「自分だったらこんな過ごし方をしたい!」という理想の滞在の仕方があれば教えてください!

松風:大塚は東京23区で行きやすいけど、街のことは意外に知らなかったりしますよね。だから、『OMO5 東京大塚』さんのコンセプトと共通しますが、大塚の新しい魅力を発見してみたいです。

竹本:僕は逆に、東京にある全国のアンテナショップで地酒を買ってきて、このコラボレーションルームで飲み比べてみるのもいいかなと。

粕谷:壁に並べられた四合瓶など、見ただけでテンションが上がるものばかりの部屋ですよね! 僕は日本酒を飲みはじめたばかりなので、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』と関わりがある「喜久や 吉祥寺 神酒ノ尊コラボ店」や「荻窪 いちべえ」を巡ってみたいです。ぜひコラボレーションルームを拠点にして!
※荻窪いちべえは「神酒ノ尊」1周年イベントの会場

松風:コラボレーションルームならベロベロになってもOKだから、外で飲むもよし、客室で飲むもよしです(笑)。初心者から日本酒好きの方まで、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』と『乙女ノ酒旅』を通じて、僕たちと一緒に日本酒を楽しんでいきましょう!

bne_mikimiko_collab_24-1.jpg

今回、ゲストとして登場いただいた酒造の方々にもコメントをいただきました!

bne_mikimiko_collab_25.jpg
左から、株式会社佐浦・冨谷圭輔さん、小澤酒造株式会社・小澤幹夫さん、株式会社岡村本家・岡村博之さん

――酒造のみなさんにとって、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』はどんな魅力を感じるコンテンツでしょうか? 今後の展望とあわせて教えてください。

岡村:『神酒ノ尊-ミキノミコト-』をきっかけに日本酒を飲むようになり、うちの酒造にまで来てくれる方が増えたんですよ。影響力のあるコンテンツで、今日も参加者の方の熱気を感じられたので、これからもコラボレーションを広げていければと。

冨谷:最初にお話をうかがったときは、自社銘柄がどうなるか想像もつかなくて……。でも、キャラ設定から一緒に考えていくにつれて、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』は、世界観が確立されているところが魅力だとわかりました。今後もイベントの機会を積極的に作っていきたいです。

小澤:日本酒とキャラクターは無関係に思えますが、どちらも日本の伝統的なカルチャーで、プロの腕や技で勝負しているという共通点もあります。タッグを組むことで、いろいろな方に日本のよさを発信していけるのが素晴らしいと感じます。また、今回は特別な「澤乃井皇子ラベル酒」を造らせていただき、楽しかったです! 今後も一緒に日本酒の認知を広めていきたいですね。

最後に、「乙女ノ酒旅」を企画した星野リゾートと、バンダイナムコエンターテインメントの担当の方に取材したコメントも紹介します!

――地域の産業とのコラボレーションが生まれる『乙女ノ酒旅』プロジェクトには、どんな想いを込められていますか?

星野リゾート:『OMO5 東京大塚』がある豊島区は、池袋の『乙女ロード』をはじめとするアニメやマンガの聖地であり、「キャラクターに関連した企画ができないか」と考えていたところ、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』に出会いました。
星野リゾートでは、キャラクターはなかなか手がけたことのないジャンルでしたが、日本酒を擬人化したイケメンキャラクターということで、日本酒の聖地として居酒屋の名店が多い大塚との親和性の高さを感じています。
今まで日本酒に縁のなかった方にも、その魅力を発見するような新しい旅の形をご提案できたらと思っています。

バンダイナムコエンターテインメント:レトロなのれん街があって、しかも日本酒の名店と言われるお店がたくさんある、そんな大塚の街を巻き込んでの「『神酒ノ尊-ミキノミコト-』はしご酒ツアー」を通して、”ちょっとで気軽に酔える””知れば知るほど奥深い”日本酒の魅力を、よりたくさんの方に知って楽しんでいただけることを願っています。
さらに、今回の取り組みをきっかけに、いろいろな地域での展開も今後検討していけたらと考え中です。皆さんの”推し皇子”を見つけていただき、その地元・地域に興味を持っていただけたら、将来的に聖地巡礼などの旅企画につなげていけるのでは……と期待しています!

舞台は大塚!『OMO5 東京大塚』で開催中の『神酒ノ尊-ミキノミコト-』×星野リゾート=『乙女ノ酒旅』

bne_mikimiko_collab_26.jpg

新しい日本酒の楽しみ方を提案する『神酒ノ尊-ミキノミコト-』と、星野リゾートが運営する都市観光ホテル『星野リゾート OMO5(おもふぁいぶ) 東京大塚』がコラボし、2019年11月30日までの期間限定で開催しているリアルイベントが、『乙女ノ酒旅』です。

今回ご紹介したコラボレーションルームだけでなく、街を巡って日本酒を楽しめる「大塚SAKEマップ」と、「『神酒ノ尊-ミキノミコト-』はしご酒ツアー」、パブリックスペース「OMOベース」の装飾など、さまざまな企画が用意されていますので、ぜひ参加してみてくださいね!

bne_mikimiko_collab_28.jpg
bne_mikimiko_collab_29.jpg
さらに、お店でマップを提示すると、清酒皇子オリジナルステッカーがもらえちゃいます!
bne_mikimiko_collab_30-1.jpg
また、『乙女ノ酒旅』の期間中は、「ご近所ガイドOMOレンジャー」がディープな街体験をサポートする「神酒ノ尊-ミキノミコト-はしご酒ツアー」を実施!(※申し込みは宿泊者限定)
bne_mikimiko_collab_31.jpg
ホテル内のパブリックスペース「OMOベース」にも、『神酒ノ尊-ミキノミコト-』をテーマにした装飾が!
bne_mikimiko_collab_32.jpg
実在の銘柄とともに並ぶ清酒皇子たちは圧巻です!
bne_mikimiko_collab_33.jpg
壁一面の巨大な「ご近所マップ」では、日本酒が楽しめるお店が掲載されていて、見るだけでワクワクします

【今後の情報告知】

◇『乙女ノ酒旅』開催期間:2019年5月9日(木)~11月30日(土)
詳細はOMO5 東京大塚ホームページをご確認ください。

◇「澤乃井 特別純米酒」澤乃井皇子ラベル酒販売:『OMO5 東京大塚』内「OMOカフェ」にて数量限定で販売中。720ml:1350円(税込)、300ml:650円(税込)

◇『みきみこちゃんねる』:週1回19:45から「&CAST!!!」にて配信。配信曜日は週ごとに変更。配信スケジュールは公式ホームページをご確認ください

◇『竹本英史・新井良平のLOVE❤SAKE by神酒ノ尊』:毎週月曜21:00から「&CAST!!!」にて配信

【取材後記】
『乙女ノ酒旅』からは、「目を惹く華やかな清酒皇子たち」と、「日本酒の名店がそろう大塚の街」との相乗効果を通じて、今まで日本酒に縁がなかった方にも、その魅力を発見してほしいという想いが伝わってきました。
ぜひみなさんも『星野リゾート OMO5 東京大塚』のコラボレーションルームに宿泊して、推し皇子たちを味わい尽くし、“宵夢”を見てくださいね!

取材・文/矢郷真裕子
フリーランスの編集者・ライター。さまざまなゲームキャラクターの感情に触れて感動しながら成長。